真上の人との遭遇

スポンサーリンク
grid-wire-mesh-stainless-rods-rods-raster-medium

今朝ゴミを捨てる際、久しぶりに真上の部屋の人とかち合ってしまいました。

いつもは窓から表を見て、人影が無いのを見計らって捨てに行っているのですが…

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

スポンサーリンク





誰しも、あまり会いたくない人の一人や二人、いたりするものです。

私にとって、元ダンナは別格として、日常の生活範囲で

一番遭いたくないのが、真上の人でした。

以前、上の階のトイレが詰まったのを私のせいだと思われてから

(それ自体、常識の範疇を超えている気がしますが)

うちで掃除機をかけると、必ず天井の方からドン!と音が響いてきます。

朝7時過ぎ、ゴミを捨てようと階段を降りたら

マンションのエントランスの隅に、その人が立っていました。

オートロックの部屋番号を入力をする場所から

1メートルもない所に立っているので、見なかった振りをすることもできません。

どうしたものかと迷いながら

「おはようございます」

と若干小さ目の声で、その人の方は向かずに挨拶だけして通り抜けました。

その人はとくに反応せず、黙って窓側を見ています。

何か言われるかと予想していたので、少し安心して

ゴミ捨て場に自分のゴミを置くと、少し遠回りをして裏玄関の方から

マンションに入りました。

自分の部屋に戻ろうと階段の方へ向かうと

階段から4~5メートル先、廊下からエントランスにつながる角に

上の人が立って、こちらを見ていました。

虚を突かれた感じで、でもどう反応していいのか分からなくて

私が数歩歩いて階段を昇ろうとすると、その人が声を掛けてきました。

「なんでわざわざそんな方に回ってるの」

驚くとともに、私も何と返していいのか分からなくなって

「ええ、ちょっと…」

と答えたきり立ち止まっていると、その人は少しニヤついた表情で

またエントランスの方に戻っていきました。

私はといえば、その後すぐ階段を駆け上って、早足で自室に戻り、すぐドアの鍵を閉めて…

何をされたというほどのことでもないのですが

次からはもっと早い時間にごみを捨てることにします。

スポンサーリンク








ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

最後まで読んで下さって、ありがとうございました




タイトルとURLをコピーしました