動物病院の診断の結果

スポンサーリンク

 

最近、名前を聞いてまさかと思うような人が、自ら命を絶ってしまうことが多くて

何ともやりきれません。

傍目には分からなくても、それだけの事情があったのでしょうが…ともかく

竹内結子さんの御冥福をお祈りします。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

 


スポンサーリンク


 

昨日の午前中、予約してあった動物病院に、猫を連れて行きました。

右乳首のひとつが赤く腫れているからです。

 

日曜日の病院は、予約制なのに混み合っていて、駐車場の車の中で

順番待ちをしている人すらいました。

 

私も予約時間の15分くらい前に病院に着いたものの、診てもらえたのは

予約時間から30分以上経ってからです。

 

あまり広くはない待合室にはリードで繋がれた犬が4~5匹と

キャリーに入れられた猫が1~2匹くらいの比率で、順番が来るのを待っています。

 

ずっとクンクン、ニャーニャー鳴いている患者もいる中で

うちの猫は耳を寝かせたまま、黙ってうずくまっていました。

 

いつも具合が悪くなってから病院に来ていたのに、とくに体調を崩してないのに

連れて来られて、納得がいかないのかもしれません。

 

順番が来て診察室に呼ばれ、診察台にキャリーごと載せ、カバーを外します。

先生が抱き上げて、患部の確認をしようとしたあたりで、猫が身をよじって

ニャーニャー暴れ始めました。

 

先生はキャリーのカバーを戻すと

これは、乳腺腫瘍か皮膚腫瘍だと思われます。

皮膚腫瘍はそうでもないですが、乳腺腫瘍だと悪性の可能性が80~90%あります

 

やっぱり…

目の前が真っ暗になりました。

 

その後先生に

一般的には乳腺を縦一列全部とるのですが、この子の場合

それなりに高齢なので、あまり傷を大きくしない方がいいと思います。

 

患部とその下の乳首とリンパ節を切除して、しばらく転移や再発が無いか

様子を見たいのですが、手術はしますか?

と言われ、一も二もなく同意しました。

 

奥で血液検査とレントゲンを撮りますね

と、先生が猫を連れて奥の部屋に行くのを見送り、診察室を出て

待合室に戻ろうとすると、後ろから地獄の底から呪うような低い猫の声が響いてきました。

 

うちの猫です。

毎回病院に行くとこんな状態ですが、全然慣れません。

 

申し訳ない気持ちで椅子に座ったまま、「ごめん、ごめん」と

頭の中で返事をするしかないのです。

 

検査の結果が出るのは来月の頭。

結果が出るまでの数日が、とても長く感じられそうです。

 

スポンサーリンク

 


ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

最後まで読んで下さって、ありがとうございました

 

タイトルとURLをコピーしました