五十肩とはそもそも何なのか

スポンサーリンク

 

今日は寒いけれど、ほぼ地面が見えています。

これが、明日からはまた雪で覆われるとの予報。

仕事上がりで疲れているけれど、もう少ししたら買い出しに行ってきます。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

 


スポンサーリンク

 


 

 

五十肩の診断を受け、何だか大した症状ではない気がして

ある種ガッカリしたのですが、そもそも五十肩とは何かを知りませんでした。

 

整形外科の先生も詳しく説明しなかったし

字面からは『肩こりの親分』のようなイメージしか湧きません。

 

でも、痛いものは痛いのです。

この痛みの正体を知るべきだと思い、調べてみました。

 

五十肩は、正式には「肩関節周囲炎」といいます。関節の動きを滑らかにするために、関節周囲の筋肉や腱(けん)などの間には、滑液包(かつえきほう)と呼ばれる潤滑油のような役割をする液体が存在します。老化によって、この滑液包や筋肉、腱などに炎症が起こって痛みが生じると考えられていますが、はっきりした原因はよくわかっていません。
肩を動かすと痛い、腕が上がらない、シャツの袖に腕を通すのがつらいなどの症状があったら、五十肩の可能性が考えられます。
最初のうちは肩を動かすと痛む程度ですが、次第に安静にしていても痛むようになり、肩の可動域が狭くなっていきます。五十肩の場合、片方の肩だけに痛みがあるのが特徴です。片方の肩が発症したあとに、もう片方が痛くなるケースはありますが、両方の肩が同時に痛くなることはあまりありません。

引用元 痛みwith/omron五十肩の症状・原因・治療 – 肩の痛みの種類①

 

症状を見たら、まさしくコレでした。

単なる肩凝りの親玉ではなく、炎症が起こっているのですね。

 

何もしなくてもずっと痛いし、私の場合、上の方と、身体の後ろ側に

腕を動かせなくなっています。

 

放っておいても1〜2年で治るらしいのですが、人によっては

いつまでも痛みが残ったり、痛みが消えても肩を動かせる範囲が狭いままに

なってしまうこともあるそうです。

それでは困るので、大人しくリハビリに通うしか無いようですね。

 

それはさておき、やはり勤務先の病院で診てもらわなくて良かったと思いました。

残業の時にはリハビリセンターに行って、ゴミを集めているのです。

 

普段仕事で入っている場所で、顔見知りの理学療法士さんに指導を受けたり

いつも病室で、仕事の顔で接する患者さんと、自分も患者としてセンターで

毎週のように会う、なんてことになったら、気まずくてたまりません。

 

しかもリハビリ中は、指示を受ける以外の部分は、基本的に

世間話をしながらというのがほとんど。

 

そうそう話題が豊富な方ではないし、職場でプライベートを垂れ流すのが

目に見えています。

個人的に、職場で私的な自分を晒すのは苦手なので…

 

これからリハビリがいつまで続くのかなど、不安な面もありますが

少しでも早めの完治を期待したいところです。

 

スポンサーリンク

 


 

ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

『毎日が発見ネット』の体験記コーナーで、連載中。

よろしければ、お手隙の際にでもご覧いただけると幸いです。

お風呂の排水溝から強烈な異臭が...え? まさか...夫よ嘘と言ってくれ/くるぴた
皆様こんにちは、『離活のためのアラフィフ貯金日記』の管理人〝くるぴた〟です。 ここでは昔、結婚生活中に起こった「おいおい、ちょっと待て」と思うような出来事などを中心に書いていきます。 【前回】結婚写真の夫の目は死んでいたけど...黒歴史の結婚生活でも、唯一の「良かった日」/くるぴた 【最初から読む】某巨大掲示板で知り合...

 

最後まで読んで下さって、ありがとうございました

 

タイトルとURLをコピーしました