表情が暗いと言われる

スポンサーリンク

 

9月に入ってしばらく経つのに、気温も湿度も真夏のような一日。

下を向けば汗が目に沁み、思わず眉をしかめて作業に当たりました。

早く暑さを抜け出して、秋の風を感じたいところです。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

 


スポンサーリンク


 

マンションの清掃の方は、基本的に人と会う頻度が少なく、仕事も身に付いているので

特に大きな波乱はありません。

 

ただ、病院の仕事の方が始まってから、体力的な面でかなり疲れるようになりました。

期間限定だと思えば何とか耐えられるし、マスクをずっとしているので

くたびれた顔を晒すわけでもないので、作業中はとくに問題はないのですが…

 

一通り仕事が終わって休憩室に戻り、M村さんと休んでいるときのこと。

 

水分を補給するため、家から持ってきた麦茶を飲もうとして、マスクを顎の方にずらすと

M村さんが驚いたように声を上げました。

 

「ちょっと、くるさん、顔色悪くない!?

表情が暗いよ?大丈夫!?」

 

疲れて関節が軋んでいたけれど、とくに熱っぽいとか、ふらつくような症状はないので

 

「いや、すごい疲れた感じだけど、とくに病気とかじゃないよ」

 

と答えましたが…

 

その後にトイレに行ったら、洗面台の鏡の中にいたのは

(どこのおばあさん?)と一瞬思うような自分の姿。

 

青白い蛍光灯の光の加減もあるのかもしれませんが、自分でもギョッとしました。

疲れのせいか以前に比べ、まぶたがちゃんと上がっていない感じです。

 

(これはM村さんもびっくりするわ…)

と思いながら、用を足して休憩室に戻りました。

 

その後一旦自宅に帰り、昼食を摂って一休みした後、家から徒歩5分の病院へ。

距離は近いのに、トボトボと歩く足取りは重く感じられました。

 

スポンサーリンク

 


ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

最後まで読んで下さって、ありがとうございました

 

タイトルとURLをコピーしました