「いつもの」が通じるお店もいつか消える

スポンサーリンク

 

晴れていて良かったと思いながら、予約していたいつもの美容院に行ってきました。

もう半年ぶりでしょうか。

筋肉痛で軋む身体にムチ打って、雪道を歩いて行きました。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

 


スポンサーリンク

 


 

 

先日予約をした時、まだ夕方だったのに、美容師さんは帰宅途中のバスの中でした。

もちろん営業日です。

 

「移動中だから、こちらから掛け直します」

 

と、一旦電話は切れました。

 

美容師さんには来店して開口一番、電話の件を謝られました。

 

「もうね、このご時世だから、お店はもう完全予約制にして

早く終わったらさっさと帰るようにしてるんですよ」

 

そんなふうに話す美容師さん。

彼女はもう60代半ばです。

コロナの件ももちろんあるけれど、体力的な面でもうそろそろ無理はしないと決めて

予約が入った分だけ働いているそうです。

 

店のテナント料に関しては頭が痛いそうですが、今は同業者の友人と共同経営にして

家賃を折半にしたので、何とかなっているとの事。

 

働けるうちは働くけれど、いつか無理な時が来たら

道具や設備などをまだ50代前半の共同経営者の人に実費で譲って、引退するそうです。

 

自分のお店を構える仕事で、誰かに後を継がせる訳でもない場合

将来どういう風にするんだろうと疑問に思っていましたが

そういう形の締め方もあるのかと思いました。

 

力仕事ではないけれど、ずっと手を使ってばかりの立ち仕事。

シニアのお客さんが多いと言っても、ある程度流行や新しい技術などにも

目を光らせていなければいけません。

どんな仕事でも、長く続けるのは大変なことです。

 

この店にはもう十数年通っていて、美容師さんとも気兼ねなく話ができていました。

ここ10年くらい髪型を変えていないので

「いつもの」と言えば、いつもと変わらないヘアスタイルに髪を整えてもらえます。

 

それがいつまでも当たり前に続くような気が、漠然としていたけれど

そうではない…

 

施術が終わって椅子を後ろに回され、渡された手鏡を覗き込んで

後頭部の仕上がりを見ながら

 

「ああ、いい感じです」

 

と答えるのも、あと何年でしょうか。

 

だけど、札幌に住んでいる限り、この店がある限りは

「いつものようにお願いします」

と声を掛け、いつもの髪型にしてもらう生活を続けたいと思っています。

 

スポンサーリンク

 


 

ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

『毎日が発見ネット』の体験記コーナーで、連載中。

よろしければ、お手隙の際にでもご覧いただけると幸いです。

え? 旅行に来て他の女の話するの? 元夫と行った一度きりの日帰り旅行トラブル続出/くるぴた
皆様こんにちは、『離活のためのアラフィフ貯金日記』の管理人"くるぴた"です。 ここでは昔、結婚生活中に起こった「おいおい、ちょっと待て」と思うような出来事などを中心に書いていきます。 【前回】マンションなのに一晩中大音量でゲームをする夫。おかげで私は不眠症に.../くるぴた 【最初から読む】某巨大掲示板で知り合った彼と...

最後まで読んで下さって、ありがとうございました

 

タイトルとURLをコピーしました