僅かずつ快方に向かうリハビリ

スポンサーリンク

 

昨日は10日ぶりに整形外科のリハビリへ。

連休の中日は患者さんが少なくて、上着を掛けるハンガー用のバーがガラガラです。

普段はしばらく待つ低周波治療が、行ってすぐに名前を呼ばれ

リハビリそのものも、予約時間よりも10分近く前には施術が始まりました。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

いつも応援ありがとうございます

 


スポンサーリンク

 


 

 

低周波治療で、理学療法士さんが患部に吸盤を当てて、スイッチを入れ

 

「ちょうど良い強さになったら教えてくださいね」

 

と、声掛けてくれるのですが、肩が気になり、普段より弱めにしてもらいました。

 

と言うのもここ数日、自主練のリハビリを頑張り過ぎたり、バスでよろけて

慌てて手すりに掴まったりしたせいか、少し肩が痛くなっていたのです。

 

リハビリが始まって、腕や肩をマッサージしたり、呼吸に合わせて

さまざまな方向に曲げたり伸ばしたりを繰り返しました。

 

一応痛くなる寸前で動きを止めたりしていたのですが、療法士さんに

 

「この前より動きが良くなってきましたね」

 

と言われて、ちょっと意外でした。

 

最初に通院を始めた頃よりは、多少動きは良くなって来ているとは思いますが

痛みがある分、前回よりも動かせていないような気がしていたからです。

 

「ちょっと待ってくださいね」

 

と、療法士さんが取り出して来たのは、金属製のコンパスと分度器の

中間のような器具。

 

「腕を上げてください」

 

と言われ、右腕を痛みのないところまで上げると、腕の角度を測られました。

 

すると、結果は腕を下に下ろした状態から、120°くらいまで上がっています。

前回は117〜8°くらいだったでしょうか。

 

真上の180°まで、まだまだ道のりは長そうだけど、たとえ僅かでも

ハッキリ数字が出ていると説得力があります。

 

前に書いたかもしれませんが、昔喘息で病院にかかった時に

治るまでどれくらいかかるのか、当時の先生に尋ねたことがありました。

答えは

 

「病気を治すには、大体悪くなった期間と同じくらいの時間が掛かります」

 

でした。

 

私が肩を最初に痛めてから、今の病院に行き着くまでにかかった時間は、半年以上。

それくらいを見積もって、今後もリハビリが続くことになります。

それでも確実に快方には向かっているのを感じました。

 

次の予約は一週間後。

たとえ亀の歩みでも、続けていかなければ。

 

スポンサーリンク

 


 

ランキングに参加中です。

応援していただけるととても励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

『毎日が発見ネット』の体験記コーナーで、連載中。

よろしければ、お手隙の際にでもご覧いただけると幸いです。

夫が無断で私の銀行印を持ち出した!? 呆れた言い訳は.../くるぴた
皆様こんにちは、『離活のためのアラフィフ貯金日記』の管理人"くるぴた"です。 ここでは昔、結婚生活中に起こった「おいおい、ちょっと待て」と思うような出来事などを中心に書いていきます。 【前回】妻のモノを勝手に使う夫...えっ? まさかコンタクトレンズまで!?/くるぴた 【最初から読む】某巨大掲示板で知り合った彼と5回会...

最後まで読んで下さって、ありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました