満室の4人部屋で戸惑うこと

スポンサーリンク

 

午前中は少し雪が降ったものの、昼間は気温が0度を上回り

それほど寒くない本日。

空は曇っているけれど、帰宅直後の疲れが多少癒えてきたので

この後、買い物に出かけます。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

 



 

足元の悪い日が続くせいか、入院する患者さんがじわじわと増え

4人部屋がすべて埋まっている病室も増えてきました。

 

担当しているのが整形外科の病棟なので、転倒して病院に運ばれ

そのまま入院になる患者さんが多いからでしょう。

 

2人部屋ではそれほど感じないのですが、4人部屋が満室だと

ゴミ集めも掃除も、地味に大変です。

 

4人部屋で患者さん同士で仲良くなってくると、世間話などに花が咲きます。

 

けがの程度が軽い人はどんどんベッドの横に座るようになったり

他の患者さんのところに行って話し込んだりするようになったり…

 

そこへ私が挨拶をしながら入ると、その時点で話の腰を折ってしまいがちです。

 

そして座ったり立ったりしている患者さんが、場所を移動したりするのですが

手足を怪我しているので、大変そうにゆっくりと移動します。

 

仕事とは言え、こういう時の自分の異物感というか、闖入者のような雰囲気が

なんとも居心地が良くないのです。

 

掃除を終えて部屋を出た後、たまに私のことを話している声が聞こえることもあります。

 

大体は次の部屋を掃除しに行くので、急いでその場を離れるけれど

その内容が掃除の質についてだと、(ひえ~…)と思いながら

つい聞き耳を立ててしまうことも。

 

そういう時のご意見は、まあ、次の時に生かすしかないと思って

心の中にしまっておくのです。

 

整形外科だと早ければ数日で退院する人も多く、4人部屋の結束も

それほど長くは続きません。

 

多少苦手な部屋ができた時も、できるだけ平常心で仕事に入るように努めるだけです。

 

スポンサーリンク

 


ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

最後まで読んで下さって、ありがとうございました

 

タイトルとURLをコピーしました