視力検査と視野検査

スポンサーリンク

 

今日は仕事を終えて昼食を摂ってから、恒例の眼科に行ってきました。

 

緑内障になってから、2カ月に1回視力検査、半年に1回視野検査を受けています。

今回は半年目で、どちらも受けることになっていました。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

 


スポンサーリンク

 


 

正直なところ、外が大雪なので、あまり行きたくなかったのですが…

予約を取り直しても、その時にまた悪天候かもしれないし

腹を括って出掛けました。

 

予約は2時。

念のため早めに家を出たら、1時半にはクリニックに到着です。

 

待合室の入り口で、フードや肩に付いた雪をコートごと脱いで

バサバサ払い、中に入りました。

 

やはり雪の土曜日に出掛けたくない人は多かったようで

待合室はガラガラです。

 

診察券と保険証を受付に出し、椅子に腰かけると、待ち構えたように

看護師さんがやって来て、額にかざす体温計で熱を測られました。

 

コロナ前は予約通りに行っても30分以上待つのは当たり前だったのが

予約より30分早くても、即、視力検査が始まりました。

 

視力は裸眼で

 

右…0.06

左…0.04

 

でした。

ここ数年ほとんど変わっていません。

 

ただ老眼が進んできたので、日常生活では物が見辛くなったように感じます。

 

その後は視野検査です。

片目ずつ機械を覗き、正面から視線を動かさずに、視野のどこかに小さい光が見えたら

手元のボタンを押します。

 

光の点はビーッ、ビーッ、というブザー音と共に数十回現れますが

それだけだと音に合わせて押してしまう人もいるため

音だけが鳴って、光らない時もランダムに混ぜられているとのこと。

 

私も気を付けてはいるのですが、音が鳴った勢いで、光ってなくても

ついボタンを押してしまうことが毎回1~2度はあります。

そのくらいなら誤差の範疇だと言われましたが…

 

その後、眼底の写真を撮り、ようやく先生の診察。

先生は眼圧を調べ、眼底や視野検査の結果の説明をします。

 

「ちょっと待ってください」

 

そう言うや否や、今回も眼圧を調べる前に逆まつ毛が見つかって、ピッと抜かれました。

まつ毛の毛周期が一致しているのか、毎回のように抜かれています。

 

私の逆まつ毛は、色素が無く埃のように細い物が1mmくらいの長さで

本来のまつ毛のラインより0.5mmくらい内側に生えるので

自分ではなかなか怖くて抜けないのですが…

 

先生は拡大鏡とプロ仕様のピンセットで、いつも見つけて1秒以内に抜いてしまいます。

 

それはともかく、麻酔の目薬を両目に差すと、眼圧測定用の機械を

直接目に押し当てて、圧を測定しました。

 

結果、眼圧は両目とも13で標準でした。

 

視野は前回とはほとんど変わっていませんでしたが、数年前からの視野の欠け具合の

図を順に見せられていくと、少しですが見えない部分が増えてきています。

 

眼圧を抑える目薬を使っているけれど、今後どれくらい視野の欠けを抑えていけるのか…

今はまだ日常に支障はないけれど、10年後、20年後を考えるとやはり不安です。

 

一生一人で生きると決めているけれど、どうやったら老後、人に迷惑を掛けずに

生きていられるか、考えていかなくてはなりません。

まだ時間はあります、今は。

 

スポンサーリンク

 


 

ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

最後まで読んで下さって、ありがとうございました

 

タイトルとURLをコピーしました