失くしてはいけない感覚

スポンサーリンク

 

網戸にした窓から、緩い風が入り込む深夜。

タンクローリーが来る前にガラス戸を閉めようと窓辺に立てば

空には、星の見えない闇が広がっているばかり。

3連休の3日目はすでに始まっています。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

 


スポンサーリンク


 

もう何年も土日祝日無関係の、空いたシフトに入る仕事をしてきたせいか

毎月のように祝日で連休がある今の生活に、違和感を覚えてしまいます。

なんだか休み過ぎのような気がしてしまうのです。

 

(休みが多くて楽じゃないか)と思う反面

(休めば休んだだけ、給料も減るなあ)とも思いつつ。

 

連休そのものを否定しているのではありません。

他の人が休んでいる分には何も感じないのですが…

 

すでにアラ還の自分が、ろくに貯金も無く、年金も期待できないのに

やたら家に居るように感じるのです。

 

ある種の貧乏性のようなものでしょうか。

 

もともと(老猫の傍にいてやりたい)という気持ちで時短を決めたので

後悔はしていません。

 

実際に傍にいることでお腹のハゲも治ったし、普段の生活も落ち着いて

くつろいでいる姿を見ることも増えました。

 

でも、この違和感は、失くさずにずっと持っていなければならないとも思います。

いつか守るものが無くなった後、なりふり構わず働かなければならない時が来るはず。

 

その時に

(他の人は休んでるのに…)ではなく

(休みが少なくても当たり前)という感覚でいないと

務まらないような気がするからです。

 

独りで、最後まで、油断せずに生きていくために。

 

スポンサーリンク

 


ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

最後まで読んで下さって、ありがとうございました

 

タイトルとURLをコピーしました