暴れる猫に付ける薬はない

スポンサーリンク

 

夜、冷え込むようになりました。

ヒーターは点けないけれど、エアコンの暖房をちょっとだけ点けました。

この間まで暑かったのに、季節は止まりません。

秋がなだらかに時間を進めていきます。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

 


スポンサーリンク


 

昨日、仕事を終えた後に、お腹を舐めて傷口が一部開いたように見える猫を連れ

動物病院に行ってきました。

先月末からもうお世話になりっぱなしです。

 

傷口を見た先生は

 

あー…

 

と溜息交じりに言い、しばらく無言になった後

 

深めに縫ってあるので、奥の方は取れていませんが

消毒して傷口を保護しますね

 

と猫を処置室へ連れて行きました。

 

待合室でしばらく待ち、名前を呼ばれて行ってみると

猫はキャリーの中に入っていました。

前よりもきつそうなエリザベスウェアを着せられています。

 

今日もすごく怒ってしまって、なかなか着せるのが大変でした。

ちょっと動きにくいかもしれませんが、今度は簡単に脱げないと思います

 

とのことでした。

先生の声が聞こえると、猫がまた地鳴りのような低い声で怒りを露わにし始めます。

 

いつも本当にすみません

 

と頭を下げて、家に帰りました。

 

家に着きキャリーから出した途端、家の奥の方に駆け込むと

身をよじり、服を脱ごうとする猫に、溜息しか出ません。

 

装着する物全て、排除することしか頭にない様子。

人間でも言っても分からない相手はいるのに、ケモノに話が通じる訳はないのですが

どうやって傷がふさがるまで我慢させたらいいのか…

 

もう服を脱がせるわけにはいかないけれど、脱げるまで暴れそうな勢いなのです。

お腹を切っているのに食欲もあるし、体力も十分あって。

 

明日は土曜日。

病院のパートがあります。

午後から家を空けるのに、不安しかありません。

 

スポンサーリンク

 


ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

最後まで読んで下さって、ありがとうございました

 

タイトルとURLをコピーしました