女同士で相手を「キミ」と呼ぶ場合

スポンサーリンク

 

巷はすっかり春の雰囲気です。

ついこの間まで雪が残っていたのが嘘のよう。

雪解け水のぬかるみもすっかり干上がり、乾いた平らな道路を見ると

(もう少し歩いてもいいかな)という気持ちが湧き起こります。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

 


スポンサーリンク

 


 

火曜日、私がいつも掃除しているエリアをS木さんがチェックしたはずなのですが

なかなか顔を合わせる機会がありませんでした。

 

(今週はこのまま終わるのかな…?)

などと思い、ちょっと安心していたら、今日になって道具置き場で

S木さんに遭遇しました。

 

「あ~、久し振り~」

 

と声を掛けられて

 

「久し振りです」

 

と笑顔で返したものの、内心では掃除のし忘れで注意されるかもしれないと

ビクビクしていたのですが…

とくにその件では何も言われることはありませんでした。

 

ただ、S木さん曰く

 

「キミは音を立てないせいか、本当に掃除中に見つからないね。

他の2人は大体行けば結構目立ってるし、いるのがすぐ分かるんだけど

3階に来て、いるかな?と歩きながら探しても、どこにもいなくて

諦めたこともあったんだよね~」

 

とのこと。

 

それは多分、私が掃除する場所が、廊下や広い洗面所など人が行き交う場所ではなく

トイレや病室など、一旦入ると人目に付かない場所ばかりだからです。

 

病室だとベッドの下をクロスで拭くために、かがんだりして

ベッドの陰に隠れてしまうことも多いですし…

 

それを言うと、S木さんは

 

「そんなもんかな~」

 

と言いながら奥にあるバケツを取ると、足速に立ち去っていきました。

 

注意喚起されることなく、ホッとしましたが…ふと気付いたのは

S木さんがたまに私のことを「キミ」と呼ぶこと。

 

とくに嫌でも何でもないのですが、女性同士だとあまり相手を

「君(キミ)」と呼ぶことは多くないので

違和感というか、一瞬(あれ?)という感じたのです。

 

おそらくS木さんにとって私との関係は、職場の“先輩と後輩”というよりも

上司と部下”という感覚なのでしょう。

 

契約社員と半日のパートという立場の差もあると思いますが

そう考えるとしっくり来ます。

 

思い返せば、私が会社の辞令で、勤務先がマンションから病院に異動して

研修で物覚えの悪さが露呈したのに、そのまま病院での勤務が継続になったのは

S木さんの意見が通ったからだと、課長さんから聞いたことがありました。

 

彼女にとって、私は『育てる対象』だと思われている気がします。

この職場では50代でも若手ですし。

 

しかし関節痛も筋肉痛も日に日に蓄積しているというのに

ますますこの職場を辞め辛い理由が増えてしまって

肩の荷が一段と重くなったように感じるのでした。

 

スポンサーリンク

 


 

ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

最後まで読んで下さって、ありがとうございました

 

タイトルとURLをコピーしました