S木さんにフェイスシールドを個人的にもらう

スポンサーリンク

 

週の終わりの土曜日。

明日は休みだと思うと、普段と同じ作業も少しは楽になります。

 

片付けも含めた全ての仕事を終えて、解放感に包まれながら休憩室に戻ると

S木さんが座り込んで、何かをしていました。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

 


スポンサーリンク

 


 

何かと思って目を凝らすと、新品のフェイスシールドが見えました。

フェイスシールドの透明部分に貼られた、保護シールのようなものを

剥がしていたようです。

 

しかもそれは、皆が使っているサンバイザー型のものではなく

メガネのようなフレームが着いたものでした。

 

「あっ、それいいですね!」

 

と声を掛けると、S木さんは笑顔で答えました。

 

「いいでしょ~。

前の奴は熱がこもって、すごく暑いからね。

こっちのは風通しがいいから涼しいと思うよ」

 

サンバイザー型の物は、額に当たる部分にスポンジが付いているせいか

顔全体が蒸れて暑いし、内側がすぐに曇るのです。

 

自分でも買おうと思い、どこで買ったのかS木さんに質問すると、セリアとのこと。

110円なら安いと思ったものの、近所にダイソーはあってもセリアはありません。

 

残念そうな感じが顔に出てしまったのか、S木さんは防護シールを剥がし終えると

そのフェイスシールドをこちらに差し出して言いました。

 

「2つ買ってきたから、1個あげるわ」

 

たぶん片方はスペアのつもりで買ったのだろうと思い、申し訳ないと思って固辞すると

 

「いや、いいのいいの。

その代わり、T中さんには私が上げたって言っちゃダメだよ。

あの人すごい嫉妬するからさ」

 

とS木さん。

 

「何かさあ、キミが仕事早くなってきたなあと思って、言おうかと思うんだけど

T中さんの耳に入ると『それくらい私でも出来る』って、不機嫌になっちゃうからさあ。

 

道具庫とかで会っても、言わないようにしてるのさ、面倒臭いから」

 

心当たりがすごくあるので、どう答えていいのか困ってしまいましたが

 

「多分、負けず嫌いなんだと思うんですよね…」

 

とだけ返しました。

S木さんは

 

「くるさんは結構歳が下だから、面倒見ようと思うけど

66の婆さんが63、4の人にどうこう言われても、別に同世代な感じだし

ほんと困っちゃうんだよね~」

 

と言いながら、自分の分のフェイスシールドを装着すると、部屋を出て行きました。

 

人には相性があるし、私にはどうしようもない事なのですが…

 

職場の狭い人間関係がぎこちないと、精神的に結構削られるものだと

改めて思いつつ、帰り支度を急ぎました。

 

スポンサーリンク

 


 

ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

最後まで読んで下さって、ありがとうございました

 

タイトルとURLをコピーしました