故郷に帰るのは最後の最後

スポンサーリンク

 

今朝ゴミを捨てに出たら、四角いゴミステーションから

はみ出しそうな量のゴミが捨てられていました。

いつもの数倍です。

おそらく近所に引っ越す人がいるのでしょう。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへにほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

いつも応援ありがとうございます

 


スポンサーリンク

 


 

 

今の仕事を辞めるに当たって、一時期、このまま札幌に残るべきか

それとも故郷に帰って、向こうで新たに部屋を借り、仕事を探すべきか

迷った時期があります。

 

今はもう吹っ切って、札幌にいる決心をしていますが…

 

これまでは仕事を辞める時に、そこまで考えたことはありませんでした。

それなりに歳を取ってきて、不安になってきたのでしょうか。

 

最後は故郷に戻るなら、身動きが取りやすい今のうちに

動いた方がいいのでは?

そんな考えが浮かんできました。

 

しかし戻る実家も無いのに、アパートを借りて一人暮らしするため

地元に戻る姉は、厄介者でしかありません。

 

近くにいたら、こちらが迷惑をかけないようにしていても

相手にとっては気詰まりでしょう。

 

そして実際に今地元で働くとしても、今回のように仕事を辞めるとなったら

弟達(とその奥さん達)に反対されるのが目に見えています。

 

ギリギリまで札幌市で暮らし、故郷に戻るのは

最後の手段だと思っています。

 

もし、本人の死後、亡骸を速やかに指定した地域まで搬送して

簡単な葬儀まで執り行ってくれるようなサービスがあれば

最後までこちらで暮らしても良いくらいなのですが…

 

平均寿命まで、あと27年以上。

考える時間はいくらでもあります。

 

 

ところで、今朝ゴミの分別の仕方を調べていたら、捨てるゴミの一覧に

『アメリカンレーキ』という項目がありました。

何ぞや?と思い調べてみると…これでした。

そう言えば、こんな道具が存在していることは知っていても

実物を見たことは無かったし、ましてや名前なんて考えたこともありません。

何年生きていても、知らないことだらけです。

 

スポンサーリンク

 


 

ランキングに参加中です。

応援していただけるととても励みになります。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

『毎日が発見ネット』の体験記コーナーで、連載中。

第1第3土曜日に更新予定。

今夜8時頃更新します。

 

タイトルとURLをコピーしました