仕事の寿命

スポンサーリンク

 

家から地下鉄の駅に向かう途中、右手に見える病院。

途中で道を1本曲がれば、そこに辿り着きます。

今までは脇道だったその道が、来週からはいつもの道になるのです。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

 


スポンサーリンク


 

マンションに通う最後の一週間。

最後の週は内回りの担当だったので、正面玄関や集会室などを掃除してきました。

 

築30年近いマンション。

拭いても拭いても、完全に綺麗にはなりません。

今落とせる汚れが落ちたらそれで良し、といった気持で作業に当たります。

 

病院の方も築年数が古いので、その辺りの心の持ち方はほとんど変わらないけれど

とにかく急がされるのと、かがんだり立ったりが多いところが違います。

 

家に帰って、疲労を引きずるのがマンションの仕事ならば

疲労以上に痛みを引きずるのが病院の仕事です。

 

正直、同じ5時間労働でも、マンションだったら65歳まで何とか働けそうですが

でも病院の方では、もってもギリギリ60歳まで。

下手をすると、60前に腰か膝か足首を痛めて、働けなくなってしまう可能性も感じます。

実際、課長さんは腰を痛めていて、勤め先の病院に入院中です。

 

これから先の人生、働けるうちは働きたいけれど、足腰を傷めたら

清掃以外の立ち仕事も難しくなるでしょう。

 

デスクワークなら可能かもしれないけれど、高齢者になればなるほど募集はありません。

自活しなければならない以上、これ以上身体の故障を抱えるわけにはいかないのです。

 

配置転換の話を聞いたときには

(社保に加入している以上、今の管理清掃会社を60歳までは辞めたくない)

と思っていたけれど…

 

土曜日、病院の階段を下る時、左足首を軽くひねった感じになりました。

今日になっても少し違和感があります。

多分この程度のトラブルは、これからいくらでもありそうな気がするのです。

 

今はそれほどではなくても、本当に身体に危機感があったら

60歳未満でも辞める勇気を持たなければ…

そう考えを改めました。

 

労働者としての自分の寿命を延ばしながらでなければ、生き残っていけないのです。

 

スポンサーリンク

 


ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

最後まで読んで下さって、ありがとうございました

 

タイトルとURLをコピーしました