新人さんはやっぱり逃げた

スポンサーリンク

 

あれ?

休んだっけ?

…と思うくらい、あっけなく過ぎていく日曜日。

疲れが4割くらいしか回復していない感じですが、これも気の持ちよう。

夜明け前には出勤です。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

 


スポンサーリンク


 

 

新人のO野さんが、年末一杯で職場を去ることになりました。

 

普段から持ち場が離れている上に、最近股関節の調子が悪いと時短勤務をしていたので

帰宅時も会うことがほとんど無かったO野さん。

 

さすがに診断書を出されると、会社も引き留めることが叶わなかったようです。

しかも他ならぬ、この病院の診断書。

 

それでもS木さんはO野さんをすごく気に入っていて、本人に

 

「ロッカーや制服は残しておくから、体調が良くなったらいつでも戻ってきて」

 

と言っていたらしいです。

 

私はその場に居なかったけれど、居合わせたT中さんが

 

「あの人のことをいくら気に入っていても、実際にはよく休んだり

時短勤務で出来なくなった分の仕事をしていたのは私。

だけど私はあんな風に言われたことは無い。

 

それを私の目の前で、ああやって休んだり辞めたりする人にちやほやされると、

自分が頑張ってるのに認めてもらえないようで腹が立つ」

 

と、後で私に不満をぶちまけました。

 

私もT中さんの気持ちは分からないでもないし、最後に会ったO野さんは

かなり仕事を辞めたがっていそうな雰囲気だったので「制服を残す」と言われて

困っているだろうなと思ったのでした。

 

スポンサーリンク

 


ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

最後まで読んで下さって、ありがとうございました

 

タイトルとURLをコピーしました