知らない人が監視カメラの映像を見ていた

スポンサーリンク

 

4月も、早や5日。

今月から新しい守衛さんが入ると聞いていたのに、なかなか来ないので

どうなっているんだろうと思っていたのですが…

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

 


スポンサーリンク

 


 

今朝出勤すると、守衛のXさんが言いました。

 

「今週までずっと仕事がきつかったけど、来週からようやく新しい人が入るよ。

でもねえ、そうなるとこれから、くるさんとは週1回しか会えなくなるのがなあ」

 

おそらくXさんは月曜火曜の担当なのでしょう。

 

「そうですか」

 

と答えを濁しながら、内心ではホッとしました。

 

セクハラ気味の言葉を掛けられる回数が減るのもさることながら

Xさんは守衛をする日数が減ると、その代わりに段ボールゴミの整理を担当します。

 

今まで地下1階を回って集めたゴミは、階段を上って

外にあるゴミ倉庫まで運ばなければいけなかったのが

来週からは同じ地下1階にある段ボール置場にゴミを置けば

Xさんが回収してくれるようになるのです。

 

階段を上るのを1階分でも省略できると、少しは体力が温存できます。

 

ありがたいと思いながら、今日一日の仕事を片付けて休憩室に戻ると

そこにはY崎さんと、見知らぬ男性がいました。

 

知らない男の人の方は、守衛さんが座る椅子に座り、机の上にある

監視カメラの映像をじっと見ています。

 

一瞬、この人が新しい守衛さんかもしれないと思ったのですが

違うかもしれません。

 

なぜなら、その人がまだ30代後半から40代前半に見えたからです。

今の守衛さんは2人とも70代後半だし、これまで面接に来たのも

70代以上の人ばかりだったはず。

 

正直言って守衛の仕事は、勤務日数なども一般の仕事より少ないし

働き盛りの男性として、年齢相応の収入は得られないと思います。

 

最近は求人の数も多く、ある程度若い人なら

そこまで仕事探しに困ることは無いような気もするのです。

 

もしかしたら清掃管理会社の営業の人かも、とも思ったけれど

それなら監視カメラの映像を見ているのは不自然ですし…

 

なんとなく、いつもと休憩室の雰囲気が違うので、さっさと上着を着て

「お疲れ様でした」と言いながら、部屋を後にしましたが

あれは一体誰だったのでしょうか…

 

スポンサーリンク

 


 

ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

最後まで読んで下さって、ありがとうございました

 

タイトルとURLをコピーしました