下っ端でプライドも無い、だから楽

スポンサーリンク

 

昨日は仕事上がりに眼科へ行って来ました。

今回は視野検査は無く、視力と眼圧だけ測ってきました。

眼圧は左右共に12と正常値でしたが、裸眼の視力が

右0.06、左0.03で、左が0.01下がっていたのが地味にショックです。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

 


 


 

 

最近、3階で仕事をしていると、通りがかったT中さんに話しかけられることが増えました。

昨日も階段の出入り口のところで呼び止められ

 

「あのさ、午後の仕事のとき、4階と1階のレントゲン室のゴミは集めてる?」

 

と尋ねられたので、集めていると答えました。

 

「いや、私ね、知らなかったから、今までやってなかったのさ。

そしたらレントゲン室の人が出てきて

『今日はゴミ持っていかないんですか?』

って聞かれて…慌てて取ったけどさ。

 

その後、S木さんに電話して聞いたら『取ってくよ』って言うんだ。

ゴミ取る場所確認したら、4階とレントゲン室やるって言われてさ。

『ええーっ⁉』ってなったんだ」

 

それを聞いて、こちらも「ええーっ⁉」となりました。

 

T中さんは私より2か月先にこの職場に入っています。

ということは1年4か月、T中さんの残業の日は4階とレントゲン室は

午後、放置されていたことに…

 

「それで昨日、4階とレントゲン室もやってたら、3時に終われなくて

15分くらいはみ出したのさ。

すごいきつくない?

ゴミの量、半端じゃないでしょ」

 

ゴミの量は確かに半端ではありません。

黒い45リットルのゴミ袋で16~7個分はあります。

 

しかも患者さんがいる時間帯なのでゴミカートは使えず、手で持ち運び

ゴミ庫で圧縮しながら、大きいごみ袋に詰め替えていくのです。

 

私も普段は3時間枠ギリギリで、トイレに患者さんが入っていたりすることが多いと

中のゴミをなかなか取れず、時間オーバーすることもしばしば…

 

来月の1時間残業で、2時までに仕事を終えるといったのを聞いて

(無理なのでは…)と思ったのですが

T中さんが仕事の内容を勘違いしていたのなら、話は分かります。

 

その後T中さんは、ひとしきりS木さんに対する愚痴を言っていましたが

 

「来月どうします?

私が留守番じゃなくて、1時間分仕事を引き継げば

何とかなると思うんですけど…」

 

と聞くと、T中さんは

 

「いや、それはいいわ。

S木さんに一回やるって言ったし、私は私の意地があるから何とかする」

 

と答えました。

 

ちなみにS木さんの方は昼休みを半分くらい返上して、早く残業に取り掛かるので

2時までに仕事を終えるのは普通のことのようです。

現場の責任者なので、早めに終えてからも、いろいろ雑事があるようですし…

 

今の職場には新しい人が入ってこないので、私はいつまでも一番のペーペーです。

そして、もし他の人に残業を手伝うと言われたら、すぐに頼ってしまう

矜持も何もない、軟弱な人間です。

 

でもそれ故に他の2人と違って、自分の意志で無理を抱えてしまうことは

少ないような気がします。

 

今の仕事も、本当にどうにも続けられない、ダメだとなったら

面子も何もかなぐり捨てて、辞める選択肢を取ることも可能でしょう。

今はまだ辞めるのを迷う要素があるだけで…

 

立場こそ弱くても、自分を縛るものをたくさん持っていないから

3人の中では、一番自由なのかもしれません。

 

今日のレシート

スポンサーリンク

 


 

ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

『毎日が発見ネット』の体験記コーナーで、連載中。

よろしければ、お手隙の際にでもご覧いただけると幸いです。

初めての義実家訪問。質問攻めにあう私を無視し、夫は眠りこけた.../くるぴた
皆様こんにちは、『離活のためのアラフィフ貯金日記』の管理人〝くるぴた〟です。 ここでは昔、結婚生活中に起こった「おいおい、ちょっと待て」と思うような出来事などを中心に書いていきます。 【前回】「ドラキュラかよ...」明るい照明が苦手な夫。薄暗い部屋での生活は散々なもので.../くるぴた 【最初から読む】某巨大掲示板で知...

 

最後まで読んで下さって、ありがとうございました

 

 

タイトルとURLをコピーしました