何となくソリの合わない患者さん

スポンサーリンク

 

洗面所の蛇口に手を差し出して、蛇口をひねったら

ヒヤッと冷たさが駆け抜けました。

秋も中盤に差し掛かる朝。

温水に切り替えるのも久し振りです。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

 


 


 

 

今、苦手な入院患者さんが1人います。

 

入院中の患者さんとは、1回の清掃でせいぜい3分から5分しか関わらないのに

それでも相性の良し悪しが発生するものです。

 

こちらが「ゴミの回収です」とか

「お掃除入りますがよろしいですか」などと声をかけると

 

●「どうぞ」とか「お願いします」と返事を返してくれる患者さんが60%

●寝ていて無言の患者さんが39%

●「しなくていいです」と拒否する患者さんが0.8%

●舌打ちしたり、嫌そうに反対側に寝返りを打ったりする人が0.2%

 

くらいの割合で、それぞれの反応が返ってきます。

 

問題の患者さんは30代くらいの女性ですが、4番目でした。

男の人には、これまでもたまにいたけれど、女の人では初遭遇です。

 

仕事なので、どなたにも毎日声を掛けるのですが

4番目があると、まあ、ちょっとずつ心が削られます。

 

『仕事』と思えば気持ちに蓋を出来るけれど

避けて通る訳にもいかないのも『仕事』です。

 

でも舌打ち派より、感謝の言葉を返してくれる患者さんの方が

何百倍もいる事実を思えば、やる気も出ます。

 

日々、いろんなことで仕事を辞めたいと思っていても

結局続けていられるのは、そういうことなのです。

 

スポンサーリンク

 


 

ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

『毎日が発見ネット』の体験談コーナーで、連載中。

よろしければ、お手隙の際にでもご覧いただけると幸いです。

「ドラキュラかよ...」明るい照明が苦手な夫。薄暗い部屋での生活は散々なもので.../くるぴた
皆様こんにちは、『離活のためのアラフィフ貯金日記』の管理人"くるぴた"です。 ここでは昔、結婚生活中に起こった「おいおい、ちょっと待て」と思うような出来事などを中心に書いていきます。 【前回】同棲中の住まいに初対面の義母がアポなし訪問! 2人きりのリビングで尋問が始まった.../くるぴた 【最初から読む】某巨大掲示板で...

 

最後まで読んで下さって、ありがとうございました

 

 

タイトルとURLをコピーしました