毎日が発見ネット更新と、人間関係の難しさ

スポンサーリンク

 

昨日、まだ雨が降り出す前の午前中。

4階の仕事を終えて3階に下りると、ちょうどT中さんが階段を

上がって来るところに出くわしました。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

 


 


 

 

T中さんの表情は険しく、眉間には皺が寄っています。

階段を上りきったところで、T中さんはこちらに話しかけてきました。

 

「あのさ、S木さん、残業の変更のことで私の事何か言ってなかった?」

 

先日、守衛さんの1人がが検査入院で、S木さんと課長さんが急遽

警備の仕事をすることになり、その皺寄せで全員休日や残業が変更になって

先週、急に私が残業が入ったりしたのです。

 

その時のことかと思い

 

「T中さんには用事があって断られたって言ってたよ」

 

と答えると、T中さんの眉間の皺が深くなって

 

「あの人、私が残業の日のこと忘れてたみたいに言ってたと思うけど

私が忘れてたんじゃなくて、あの人が残業の日付間違えたんだからね」

 

と怒り出しました。

確かにS木さんには

 

「T中さんに頼んであったはずなんだけど、あの人忘れてて

用事があるって断ってきたのさ」

 

と言われていました。

 

「あれから何回かそのことで話をして、日にちを書いたメモも見せて

向こうの勘違いだってわかったのね。

 

でもその件で他の人に私が忘れたって言ったのは訂正しないで、そのままなのさ。

もう、本当頭来ちゃって」

 

T中さんはそのまま道具カゴを持ち直すと

 

「ごめんね、忙しい時に。

でもなんか、誰かに言いたくて仕方なくてさ」

 

と言い残し、3階廊下を左に曲がって行きました。

 

何というか、T中さんの気持ちは分かります。

仕事にプライドがある人なので…

 

ただ、その一方で、S木さんが普通の60代の契約社員では考えられないくらい

たくさんの仕事と責任を背負っているのも知っています。

 

だからこの件に直接関係ない他の清掃パートや守衛さんにまで

訂正して回るのは無理な感じなのです。

 

元々T中さんとS木さんの仲が上手くいっていたら、これくらいのことで

遺恨が残るようなことはないのかもしれませんが…

 

この1年余りの年月で、どちらかが一方的に良い人だ悪い人だというのはなくて

相性が合わないだけだと思うのです。

 

私は両方の話が入ってくる立場なので、いろいろ難しいのですが…

中立の立場を守りながら、波風が立たないようにしていくくらいしか

出来ることはない気がします。

 

スポンサーリンク

 


 

ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

『毎日が発見ネット』の体験談コーナーで、連載中。

昨日更新しました。

よろしければ、お手隙の際にでもご覧いただけると幸いです。

初めての義実家訪問。質問攻めにあう私を無視し、夫は眠りこけた.../くるぴた
皆様こんにちは、『離活のためのアラフィフ貯金日記』の管理人〝くるぴた〟です。 ここでは昔、結婚生活中に起こった「おいおい、ちょっと待て」と思うような出来事などを中心に書いていきます。 【前回】「ドラキュラかよ...」明るい照明が苦手な夫。薄暗い部屋での生活は散々なもので.../くるぴた 【最初から読む】某巨大掲示板で知...

 

最後まで読んで下さって、ありがとうございました

 

 

タイトルとURLをコピーしました