会社からのマスクの配給が打ち切られる

スポンサーリンク

懐かしのアベノマスク

 

明け方の気温が10℃を割り込むようになってきました。

布団を出るのが億劫です。

そろそろ風邪を引かないように、気を付けないと。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

 


 


 

昨日、少し遅く仕事を終えて休憩室に戻ると、誰もいませんでした。

 

ふと自分のロッカーの前を見ると、回覧板に使うような

上部に紙をはさめる連絡用のクリップボードが立てかけてあります。

 

『マスク配布終了のお知らせ』

コロナ禍により、マスク装着は社会的に定着しました。

よって当社からマスクを従業員に配布するのを打ち切りとし

各自で用意するものとします。

 

そう書かれた書類の下には捺印欄があって、読んだ従業員は押印するのがルールです。

 

会社からは毎月20枚、使い捨てマスクが配布されていました。

これから気温が下がって、むしろコロナに対して十全な対策をしなければならない時期に

会社からこんな命令が下るというのは、普通だったらあり得ないのですが…

 

以前にも書きましたが、入札で負けて今まであった大きな仕事を失ったのが

相当な痛手だったようです。

 

たかがマスク、されどマスク。

全従業員分ともなれば、それなりに経費が掛かっていたのでしょう。

残念と言えば残念です。

 

ただ、会社から配られていたマスクはおそらく国産ではなく、掛けたときに顔にフィットせず

両端にうっすら隙間が空くような…

ちょっと怪しい代物で、若干の不安がありました。

 

自己負担ということになれば、ユニ・チャームなどのしっかり顔を覆う物に

切り替えたいと思います。

 

スポンサーリンク

 


 

ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

『毎日が発見ネット』の体験談コーナーで、連載中。

よろしければ、お手隙の際にでもご覧いただけると幸いです。

「ドラキュラかよ...」明るい照明が苦手な夫。薄暗い部屋での生活は散々なもので.../くるぴた
皆様こんにちは、『離活のためのアラフィフ貯金日記』の管理人"くるぴた"です。 ここでは昔、結婚生活中に起こった「おいおい、ちょっと待て」と思うような出来事などを中心に書いていきます。 【前回】同棲中の住まいに初対面の義母がアポなし訪問! 2人きりのリビングで尋問が始まった.../くるぴた 【最初から読む】某巨大掲示板で...

 

最後まで読んで下さって、ありがとうございました

 

 

タイトルとURLをコピーしました