母親と同じ轍を踏みたくない

スポンサーリンク

 

日曜日。

ダウンの代わりに砂を詰め込んだコートを着ているような

身動きの取り辛さとダルさです。

残業の翌日は大体こうなので、慣れてはいますが…

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

 


スポンサーリンク

 


 

 

私の母は70歳まで、午前中に清掃のパートをしていました。

膵臓がんで亡くなる2ヶ月前までです。

 

その頃私はもう札幌に来ていたので、詳しくは知らないのですが

倒れる半年くらい前から、仕事が終わると

 

「身体がえらい」

 

と、午後はほとんど横になっていたと聞いています。

 

当時、母は下の弟と同居していたので、弟に何度も

 

「たまには仕事を休ませてもらったら?

俺が面倒見るから、何なら仕事を辞めてもいいよ」

 

と言われていたようですが

 

「仕事、休みたいけど忙しいからって休ませてもらえない。

辞めたいけど、人手が足りないし、年金だけだと心細いから」

 

と仕事を辞めずにいました。

 

ある日、母が仕事に出られないくらい体調を崩し、病院に駆け込み

検査を受けたところ、末期の膵臓がんが見つかり

余命2ヶ月との宣告を受けたのです。

 

そして、きっちり2ヶ月後、その生涯を閉じました。

 

今朝になって、そのいきさつを思い出し、愕然としました。

私も、母と同じ道を歩んでいるのではないか?

 

母の最期がそうだったことは、忘れてはいないけれど

記憶の底に深く仕舞い込んで、取り出して眺めるようなことはしませんでした。

 

「NO」と言えない優柔不断の血筋を、私も脈々と受け継いでおり

似たような局面を迎えていることに、少なからずショックを受けました。

 

だけど、ここに来て急に、そんな記憶が浮かび上がったことの意味。

それを考えるべきなのでは…

 

今はそう思うのです。

 

スポンサーリンク

 


 

ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

『毎日が発見ネット』の体験記コーナーで、連載中。

よろしければ、お手隙の際にでもご覧いただけると幸いです。

お風呂の排水溝から強烈な異臭が...え? まさか...夫よ嘘と言ってくれ/くるぴた
皆様こんにちは、『離活のためのアラフィフ貯金日記』の管理人〝くるぴた〟です。 ここでは昔、結婚生活中に起こった「おいおい、ちょっと待て」と思うような出来事などを中心に書いていきます。 【前回】結婚写真の夫の目は死んでいたけど...黒歴史の結婚生活でも、唯一の「良かった日」/くるぴた 【最初から読む】某巨大掲示板で知り合...

 

最後まで読んで下さって、ありがとうございました

 

タイトルとURLをコピーしました