うっすら聞こえるヒソヒソ話

スポンサーリンク

 

患者さんからの差し入れを会社に禁止されている現在。

 

私が患者さんからのチョコを断りきれなかったせいで

S木さんがお叱りを受ける羽目になり、気が重いです。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

 


スポンサーリンク

 


 

それでも仕事からは逃れられません。

1人朝5時半に出勤し、静まり返った病院の建物で道具を揃えて

清掃作業を始めました。

 

実際に作業を始めると、そこからは時間との勝負になるので

失敗も意識の外に追いやって、集中しなければなりません。

 

たまに腕時計を見ながら、(あと◯分…)と確認しながら仕事を進めていきます。

 

私が担当する階は、病棟以外は他に誰もいないことが多く

仕事中は雑念を払いやすいのですが、病棟に来ると患者さんや

看護師さんや他のスタッフ、そしてたま~に同じ清掃員とすれ違います。

 

階段の入り口にあるスペースに、掃除の入ったカゴを置いて

必要な道具を出し入れしていると、S木さんとT中さんの声が下の階から響いてきました。

 

響いてはいるものの距離があるせいか、聞き取れる部分と

そうでない部分がありますが…

 

「チョコ」と聞こえてきたので、どうやら私がやらかした失敗について話している様子。

思わず作業の手を止めて、聞き耳を立ててしまいました。

 

内容は詳しく分からないけれど、S木さんが愚痴って

T中さんが同調しているようです。

 

しかし、背後から看護師さんか助手さんかが来て、階段を下りていって

ふと我に返りました。

 

今は仕事中。

こんなところで手を止めている場合では無いのです。

 

何と言うか、人の話を立ち聞きで、しかも中途半端に聞いてしまうと

疑心暗鬼になってしまって良くないですね。

 

元々自分に原因があることです。

失敗はおそらくこれからも完全には無くならないけれど

反省して、割り切って、仕事をする。

そうしていくしか出来ることは無いのだと思っています。

 

スポンサーリンク

 


 

ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

最後まで読んで下さって、ありがとうございました

 

タイトルとURLをコピーしました