気持ちが引き戻される電話

スポンサーリンク

 

昼過ぎに帰宅して、そのまま家に居るのが、何だか不思議に思えます。

パートの掛け持ちを卒業した翌日のこと。

まだ苦行の日々を引き摺っているようです。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

 


スポンサーリンク


 

思えばマンションの仕事は完全週休2日制で、病院の休みは日曜のみ。

午後から出勤することはあっても、午前中だけ仕事をして

午後から休みのパターンはありませんでした。

それが馴染まないのかもしれません。

 

それでもいつもより自由な時間が3時間ほど増えたのです。

 

あれをしよう、これもしようと、頭の中で予定を組み立てながら昼食を摂った後

少しだけと思いながら横になったら、あっという間に眠ってしまいました。

 

意識が戻ると午後2時半。

1時間ほど眠っていたでしょうか。

目覚めはスッキリせず、頭がぼんやりしています。

 

とりあえず制服を洗濯して、部屋に掃除機を掛け、麦茶を湧かし

作り置きのおかずを作ったところで、また自分が電池切れになりました。

 

目が覚めると5時半。

また1時間ほど眠ってしまいました。

今度は頭がスッキリしています。

 

夕食の前にお風呂に入って、洗い場を掃除しつつ、お風呂に入って暖まり

さて夕食…という段になって、スマホが鳴りました。

 

ああ、くるさん?

S木です。

土曜日ね、T中さんが休むから、T中さんの担当のとこやってもらうから。

30分残業になるから憶えといてね

 

T中さんは2階の担当。

私がやっていた3階より建物が広いのと、浴室があるので時間がかかるのです。

 

はい…

と返事をすると電話は切れましたが、これで意識が一気に病院のパートの方に流れてしまい

午後から休んでいた感じが、すっかり無くなってしまったのでした。

 

スポンサーリンク

 


ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

最後まで読んで下さって、ありがとうございました

 

タイトルとURLをコピーしました