子猫の頃から飼いたかった

スポンサーリンク

 

今日は休日。

一日おきの休みが3回続いたけれど、明日は3時間の残業が待っています。

少し早めに寝て、英気を養っておかなくては。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

 


 


 

最近は滅多に連絡を取らなくなった下の弟から、久々にLINEがありました。

 

「もう長くないなら、もっと猫の画像を送って欲しい」

 

猫がうちにやって来たのは、3歳の時でした。

元々の飼い主だった弟が結婚する際、相手の女性が猫アレルギーを持っていたからです。

 

それ自体は仕方がありません。

できれば飛行機で北海道まで長旅をさせなくてもいいように

近場で里親を探してくれればよかったのに、とは思いましたが。

 

でも許せないことがあります。

乳腺腫瘍は1歳未満で避妊手術をしていたら、かかる確率がかなり低くなる病気なのに

弟は何もしていませんでした。

さかりがついたら自分は2階に上がって、猫は1階に放置。

 

こちらに来てから一応手術はしましたが、病気の予防という点では完全に手遅れです。

 

もしも早いうちに手術をしていたら、猫は今頃苦しまなくて済んだのでは。

あと数年、生きられたのでは。

 

できれば子猫のうちから、自分で飼いたかった。

そしたら、1歳になる前に手術を受けさせていたはず。

 

今更考えても仕方のない事とはいえ、具合の良くない猫を見ると

どうしてもそれが頭を離れません。

 

何が「画像をくれ」なのか。

もっと早くにやるべきことをしなかったのは誰なのか。

大体、今撮ったって、ぐったりしてる姿ばかりなのに。

 

そんな風に思ってしまって、LINEの方はずっと既読スルーのまま

放置しています。

 

スポンサーリンク

 


 

ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

最後まで読んで下さって、ありがとうございました

 

タイトルとURLをコピーしました