月1回の面談が廃止されていた

スポンサーリンク

 

人の波に流されながら帰宅しました。

オータムフェストの真っ最中です。

寄ってみようかと思ったけれど、入り口が遠くて諦めました。

公園のどこからでも入れたら、行っていたかもしれません。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

いつも応援ありがとうございます

 


スポンサーリンク

 


 

 

今日は何だか、朝から力尽きていました。

前日に長時間残業をしたわけでもないのに…

 

むしろ、このところ残業はどんどん減っています。

今日も定時に帰って来れました。

 

このところ、仕事は希望と絶望の繰り返しです。

 

前に出来なかった事が、いつの間にか出来るようになっているのに気付いて

胸にほわっと希望の光が灯る瞬間があるかと思えば

どうしていいのかまるで分からず、胃がキュッと締め付けられて

逃げ出したくなるような時間もあります。

 

前者が1としたら、後者が2〜4くらいの割合ですが…

 

そう言えば先月は、毎月あるはずの月1回の面談がありませんでした。

あればあったで緊張しますが、無ければ無いで

勤務する上での要望を伝える機会が失われます。

 

同期は、すでに決まっているシフトを大幅に変更したい時などは

面談中に相談していたようです。

 

もし次に面談があった時、もう仕事に耐えられない状態だったら

室長さんに「異動したい」と言おうかと思っていたけれど…

なかなかそのキッカケが訪れません。

 

しかし、昨日自分宛ての社内メールを確認していたら

『面談廃止のお知らせ』というタイトルのメールが届いていたのです。

 

開いてみると、内容はこうでした。

 

◯◯課の皆様、お疲れ様です。

これまで毎月面談の時間を設けてきましたが、多忙の為

前回をもって廃止とさせて頂きました。

今後は月一回、メールで皆様それぞれの目標達成度と指針を送付するので

それを目安に頑張ってください。

 

その文章の下には、7月と8月の1日にこなした案件の平均値と

残業時間が書かれていて、それぞれの数値が比較されていました。

 

私の場合、こなした案件の平均値が、7月より8月の方が下がっていて

『残念です』と書かれていました。

残業の方は大幅に減っていましたが…

 

何はともあれ、面談は廃止されてしまったので

もしも異動や退職を希望する時は、電話をするしか無くなりました。

 

選択肢は減ったけれど

 

「辞めたくて辞めたくてどうしようも無くなったら、いつでも辞めていい。

その時までは、1日1日を頑張ろう」

 

そう思いました。

 

スポンサーリンク

 


 

ランキングに参加中です。

応援していただけるととても励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

『毎日が発見ネット』の体験記コーナーで、連載中。

第1第3土曜日に更新予定。

 

タイトルとURLをコピーしました