甥っ子との電話

スポンサーリンク

 

下の弟の長男がこの春、中学生になるので、入学祝いを贈ったのは先週のこと。

昼下がり、弟から電話が掛かってきました。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

いつも応援ありがとうございます

 


スポンサーリンク

 


 

 

ひとしきり近況について話をした後、弟が入学祝いについて触れ

 

「今、本人から礼を言わせるわ。

ちょっと待って」

 

と、遠くに向かって人を呼ぶ声が聞こえました。

少しのガサゴソ音のあと

 

「こんにちは」

 

と、男の子の高い声が聞こえてきました。

その声質が、弟の子供の頃そっくりで、ああ、遺伝子を引き継ぐって

こういうことなんだな…

 

「こんにちは、◯◯君、中学校入学おめでとう」

 

「ありがとうございます」

 

「部活とか勉強とか、忙しくなるだろうけど、頑張ってね」

 

「はい」

 

…いや、困るよね。

共通の話題どころか、話すこと自体、初めてだもんね。

 

会ったのは本人が赤ちゃんの時と幼児の時。

甥っ子にとってはほぼ記憶にない伯母さんと、電話で話せって

急に電話口に出されてもね。

 

こちらも子供がいたことなんて無いから、どんな話題を振ったら分からないし

相手が緊張してるのも伝わってくるし…

 

「話してくれてありがとうね。

もう一回お父さんと代わってもらえるかな?」

 

と、早々に弟に電話を代わってもらいました。

 

せめて盆暮れに顔を合わせて、どんな感じの子か掌握してたなら

こちらももうちょっと違う対応もできたかも…と思ったり。

 

何となく申し訳ないような気持ちになってしまった午後でした。

 

スポンサーリンク

 


 

ランキングに参加中です。

応援していただけるととても励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

『毎日が発見ネット』の体験記コーナーで、連載中。

よろしければ、お手隙の際にでもご覧いただけると幸いです。

妻のモノを勝手に使う夫...えっ? まさかコンタクトレンズまで!?/くるぴた
皆様こんにちは、『離活のためのアラフィフ貯金日記』の管理人"くるぴた"です。 ここでは昔、結婚生活中に起こった「おいおい、ちょっと待て」と思うような出来事などを中心に書いていきます。 【前回】仕事も家事も全部私!? 生活費の折半を夫に頼んだら...返された一言で芽生えた「ある決心」/くるぴた 【最初から読む】某巨大掲示...

最後まで読んで下さって、ありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました