新人さんと少し話す

スポンサーリンク

 

出勤時に乾いていた地面が、帰る頃には真っ白。

手袋の無い指先が痺れます。

 

最高気温でも-3℃、深夜、これからもっと冷え込むはず。

本物の冬の到来に、ギリギリまで履いていたスニーカーを

シューズロッカーに片付けました。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

 



 

 

昨日、仕事の後片付けの際、新人のO野さんと久しぶりに鉢合わせしたのです。

 

先日同じ場所で会った時には、私が別の階の洗い場に行ったけれど

この間、T中さんが流し台うの横の洗濯パンで、道具を洗っていたのを思い出し

私も洗濯パンを使うことにしました。

 

新人さんとは受け持ちのエリアが離れているため、勤務中にすれ違うことも滅多に無く

少し話をしてみたいと思ったのです。

 

「仕事、慣れました?」

と声を掛けてみると

 

「うーーーーーーーーーん、まだまだですね。

なかなか思うように早くできないです」

と、O野さん。

 

もう仕事の内容を覚える段階を終えて、早さを気にしているようで

S木さんが

「新人ちゃんは覚えが早くて助かるわあ」

と言っていたのを思い出しました。

 

「私、○○丁目なんですけど、O野さんも家が近いって言ってましたよね?」

と尋ねると

 

「あっ、私○×丁目です。

やっぱり近いのはいいですよね」

 

その後も話していると好感触で

(もしかしたら、この人はこのまま職場に居ついてくれるのでは…)

と、内心期待しました。

 

今は課長さんが腰痛で、仕事に来たり来なかったりしているので

本来5人体制の職場を4人半でやっているような状態。

4人は本来の作業量よりも多く働いているのです。

 

O野さんが仕事を長く続けられるようなら、課長さんがもっと楽な職場に異動して

もう1人新しい人を採用すると、皆が本来の作業量に戻れる予定なのでした。

 

そんな風に勝手に期待で胸を膨らませていると、O野さんが、ふと

「でも…最近、古傷が痛くなってきて」

と言い出しました。

 

え…古傷…?

何だか悪い予感しかさせない単語です。

 

「昔、股関節を亜脱臼して、この病院に入院してたんです。

それからあんまり激しい運動をして来なかったんで…

面接の時にもそれは言ったんですけど」

 

と聞いて、いろいろな意味でビックリしました。

 

えっ!? 股関節!?

えっ!? この病院!?

えっ!? 面接でちゃんと言ってて、それでも採用!?

 

その頃にはO野さんは道具を洗い終えていて

「じゃあお疲れ様です」

と、その場を去っていきました。

 

私は意外な話に理解が追い付かず、なんとも複雑な気持ちで

備え付けてある雑巾で洗濯パンを拭いたのでした。

 

スポンサーリンク

 


ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

最後まで読んで下さって、ありがとうございました

 

タイトルとURLをコピーしました