忖度のない世界

スポンサーリンク

 

今日からまた普通に仕事に行ってきました。

厨房のパートと、小売店のパート。

でも昨日は派遣会社の登録説明会に行って、やたら緊張したせいか

あまり休み明けのような気がしません。

働いてもいないのに、第3のパートでもしてきたような疲れっぷりです。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

 


スポンサーリンク





 

昨日の登録説明会に行ったきっかけは、求人サイトの広告で

比較的高齢者でも働ける案件が多そうな雰囲気だったからでした。

 

その広告では「時給1,100円~」と書かれていたのですが

希望条件の聞き取りの時、担当の方に

「時給はいくらくらい希望していますか?」「交通費は要りますか?」

と聞かれて、咄嗟にそれぞれ

「1,000円くらいあれば」「いえ」

と答えたら、そのあとに見本として出された求人は

普通に時給1,000円で交通費のない案件。

自分でそう答えたのだから当たり前のことなのに、なんだか驚いてしまいました。

 

これまで、普通の求人広告で面接に行くと、毎回「空気を読め」という感じがあって

面接官の人が質問してくることに対して、採用されやすいと思われる方向に

じわじわと自分の希望を寄せていました。

いわゆる忖度をしてきたのです。

 

でも派遣の登録のときには、単純に自分の希望をそのまま言えばよかったわけで…

システムの違いをちゃんと理解していなかったと反省しました。

 

まあ、コールセンターの仕事は未経験だし、ハードルは低く設定しておいて

良かったのかもしれません。

 

それに今回は登録だけ。

まだ何も覚悟を決めてはいないのです。

 

スポンサーリンク








ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

最後まで読んで下さって、ありがとうございました



タイトルとURLをコピーしました