多発するベッドの移動

スポンサーリンク

 

今日は出勤、明日はお休み。

通常通りの日・火休みの週です。

 

土曜日の午後は疲れが蓄積して、休み前はぐったりするけれど

月曜日の午後は疲れも多少は取れ、在宅の仕事も終わっています。

本当の休日を前に、とてもくつろいだ気持ちになるのです。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

 


 


 

退院する人が多いのが、月曜日や土曜日。

治療の進み具合によっては、ナースステーションの近い部屋に移されたり

入院する階が変わったりする患者さんもいます。

 

今日はそんな『院内引っ越し』が特に多い日でした。

 

人の出入りが増えて思うように掃除に入れなかったり、患者さんを載せたまま

ベッドそのものを引っ越しする場合も多いため、部屋がガランと空いてしまうことも…

 

そうなると普段はクロスやモップが届かない場所が、白日の下に晒されます。

これが結構汚くて、ゴミや埃はまだクロスで集めればいいけれど

何かをこぼした跡などは、コッテコテの汚れになって床にへばりついているのです。

 

こういう汚れは腕の力だけでは落ちず、水拭きモップの毛の部分を足で踏んで

体重を掛けながら何度もこすり取るようにして綺麗にします。

今日はそんな場所が何カ所もあって、ヘトヘトになりました。

 

部屋から部屋を移動しているうちに、ふと気が付くと、ある部屋にも

そんな引っ越し後がありました。

 

掃除道具を勝手に持ち出したり、鬼ころしを隠れて飲んだりした

70歳くらいの患者さんが入っていた場所です。

 

いろいろ問題行動が多かった患者さんなので、人手が多く目の届き易い

別の階に移されたようでした。

 

鬼ころしの件を看護師さんに報告したのは義務だけれど、患者さん本人に

「チクった」と思われたら、やっぱり気不味いものなのです。

 

顔を合わせずに済んで、ホッと胸をなで下ろしました。

 

スポンサーリンク

 


 

ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

最後まで読んで下さって、ありがとうございました

 

タイトルとURLをコピーしました