「疲れ過ぎて幻覚見えてきた」と言われる

スポンサーリンク

 

久しぶりに仕事中にS木さんとすれ違ったら、何だか様子が変でした。

疲れが顔や動作に出ているのです。

以前はもっと元気そうだったのに…

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

 


スポンサーリンク

 


 

仕事で移動中の時に、他の清掃のパートさんとすれ違うことは時々ありますが

S木さんとは担当する階数が違うので、道具置き場以外ではあまり会いません。

 

仕事が終わって休憩室に行くと、S木さんが守衛さん用の椅子に座ってぐったりしていました。

 

「くるさん、来月は月曜休みにできる日はある?」

 

だるそうな口調で聞かれて、2回くらいなら出来ると答えると、S木さんは

 

「だったら8日と22日でいい?

月2回でも助かるわ。

本当、求人で(人が)来ないなら、本社の方から寄越してくれればねえ…

守衛か清掃かどっちかだけでもいいのに。

そうしたらもう解放されるのにさ。

 

最近、仕事中に自分が何階にいるのか分からなくなったり

なんか幻覚みたいのが見えてきた」

 

と、後半はやや冗談めかして言いました。

 

幻覚は冗談かもしれませんが、S木さんが相当限界に近付いているのは事実のようです。

 

私が勤め始めた頃は

午前の清掃5人+昼間短時間の清掃1人+ときどき課長+守衛3人でやっていたのに

今は午前の清掃4人+ときどき課長+守衛2人。

マンパワーが3割足りません。

 

そこをそれぞれが分担しているのですが、課長さんは腰を痛めて通院中だし

一番ツケが回ってきているのが契約社員のS木さんなのです。

 

私もいい加減体力的に厳しく、転職出来るものならしたいのですが

とてもではありませんが、そんなことを口にできる状況ではありません。

 

スポンサーリンク

 


 

ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

最後まで読んで下さって、ありがとうございました

 

タイトルとURLをコピーしました