看護師さん経由のクレーム

スポンサーリンク

 

表は雪がちらついています。

地面の新しい雪を見ながら、1時間ほど後にはこの上を歩いているのかと思うと

気分が重くなりました。

元々望んだ仕事ではなかったけれど、いつからここまで嫌になってしまったのかは

思い出せません。

時計の針が、出掛けるまでの時間を無情に刻んでいきます。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

 


 


 

昨日、各病室を回って、患者さんの1人1人のゴミ箱の中身を回収していると、ある患者さんに

 

「昨日からごみ箱が失くなってしまったんだけど、看護師さんに聞いてもらえませんか」

 

と言われました。

 

患者さんは病状などによって、病室を移ることがよくあります。

その時に運び忘れたのでしょう。

 

たまたま通りかかった看護師さんにそのことを話すと、その看護師さんは

 

「わかりました、じゃあ後で見てきます」

 

と引き受けてくれたのですが、その後続けて

 

「3階の病室の掃除をする方に伝えて欲しいんですけど…」

 

と言いました。

あまり良くない予感がしつつも

 

「あっ、私がこの後やります」

 

と答えると、看護師さんは若干言いにくそうに

 

「◯◯◯号室の患者さんが、部屋の隅の方があまり綺麗になっていないから

もっと丁寧にやって欲しいと言われてて…」

 

と続けました。

 

ああ…

やっぱりこういう話だった…

 

午前中は掃除以外にも、回診や検温、点滴や清拭、リハビリやシャワー室のお迎えなど

とにかくいろいろな人が出入りします。

その中で一番優先順位が低いのが清掃なのです。

 

他の職員さんが入っていない隙を狙って清掃するのですが、ずっと人が出入りして

なかなか掃除できない部屋というのも中にはあって、そういう部屋は

あまり時間が掛けられないこともあります。

たまたま今週は◯◯◯号室がそれに当たった感じです。

 

昨日はそのまま掃除の時間帯になり、問題の部屋に行くと

できるだけ丁寧にモップをかけてきました。

 

終業時間が遅くなってしまいますが、こういう時は仕方がありません。

結局昨日も終業時間が他の清掃の人と重なってしまい、ピリピリした空気を味わいました。

 

家に帰ってからも、やたら手がつったり足がつったりして何も手につかず

日に日に辞めたい気持ちが募ってきます。

 

しかし求人募集をしてもなかなか人が集まらない職場で、絶対穏便には辞められないのが

分かっているのと、もう簡単に次の仕事が見つかる年齢でもないという自覚とで

何とか踏み止まっている…そんな状態です。

 

スポンサーリンク

 


 

ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

最後まで読んで下さって、ありがとうございました

 

タイトルとURLをコピーしました