ワクチンを打つ日が決まった

スポンサーリンク

 

男子トイレの個室を清掃中、コンコンとノックをされ、患者さんかと思って

ちょっと焦りながらドアを開けると、S木さんでした。

 

「くるさんさあ、コロナのワクチンの日決まったから、言っとこうと思ってさ」

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

 


 


 

1回目が8月2日で、2回目が8月23日…ですか。

1回目でも、まだ4週間先です。

 

「7月の方はね、T中さんが希望したから…

ほら、あの人は夕方から掛け持ちしてるでしょ?

都合が付きにくいんだわ」

 

T中さんの方が歳上だし、普通に順番を待ったら彼女の方が先に

チケットが送られてくる立場なので、何とも思わないのですが

S木さんは幾分申し訳なさそうに説明しました。

 

とにかく人手の足りない職場なので、接種を受けるにしても一人一人

日にちをずらさなければなりません。

 

同時に何人もワクチンを接種して、全員に副反応が出たら

仕事が回っていかないのです。

 

既に70代後半の守衛さんが2人、ワクチンを打っていますが

前から居るガタイのいい守衛さんには、とくに影響が出なかったものの

新しい守衛さんは、微熱と全身に虚脱感が現れて、2日ほど寝込んでいます。

 

そのため清掃班の課長さんとS木さんが、警備の仕事の研修を受ける羽目に

なっているのです。

 

仕事が一通り終わって道具を洗いに行くと、Y崎さんがモップを洗っていました。

 

「あれさ、コロナのやつ、受けるの?」

 

来月に打つ日が決まったのを伝えると、Y崎さんは

 

「あれ、仕事が終わった午後に打つって聞いて断った。

仕事の後に、ここ残るの面倒臭いと思って」

 

Y崎さんはまだ若いので、そこまでしてワクチンを打つ気には

なれないのかもしれません。

 

個人的にはせっかくの機会が勿体ないような気もしましたが、100%安全とは

言い切れないものだけに、「そっかー」とだけ答えました。

 

あと4週間。

多少の不安にソワソワしつつ、それまで感染したりしないように

うがいと手洗いを励行したいと思っています。

 

スポンサーリンク

 


 

ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

最後まで読んで下さって、ありがとうございました

 

タイトルとURLをコピーしました