わかりやすく面倒臭い人間関係

スポンサーリンク

 

昨日は雪こそちらついていたけれど、比較的過ごし易い気温の一日でした(北海道比)。

あと3週間もすれば積もった雪も片付き始め、安心して歩ける街並みが戻るはず。

それまで無事に過ごすことを考えながら、今日も仕事に出かけます。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

 


スポンサーリンク

 


 

昨日、終業時間をオーバーしながらも何とか仕事を終え、休憩室に向かったときのこと。

休憩室のドアからは、ちょうどY崎さんが出て来たところでした。

 

私が

「お疲れ様です」

と声を掛けると、Y崎さんも

「お疲れ~」

と応えたのですが…

 

その瞬間、Y崎さんが部屋の中に向かって視線を流し、目配せをするような反応を

こちらにして見せたのです。

 

何だろうと思いながら、そのまま入れ替わるように休憩室に入ると

S木さんとT中さんがいました。

 

S木さんは入口の傍の守衛さん用の椅子に座り、T中さんは対角線上の

一番離れたところで、床に体育座りをしています。

 

その場に流れる雰囲気が、まあ何と言うか…

空気をあまり読めない私でもすぐに分かる、剣呑なものでした。

 

(また、ぶつかったのか…)

私もY崎さんのようにさっさと退散しようと、ロッカーを開けると

S木さんがどんどん私だけに話しかけてきます。

 

「仕事には慣れた?」

「猫ちゃんはどう?」

 

できるだけ平静を装って手短に答えましたが、そのやり取りの間、T中さんは無言です。

 

S木さんが、私とS木さんしかやっていない仕事のことを話題に出したとき、T中さんは

「お疲れ様!」

と普段より大きい声で遮るように言った後、怒りのオーラをまき散らしながら

部屋を出て行きました。

 

その直後、こちらも出勤簿に退勤時間を書き込み、印鑑を押し終えたところだったので

「お疲れ様でした」

と休憩室を後にしたけれど…

 

もしかしたら、険悪になった理由をS木さんに聞くべきだったのかもしれません。

でも、そこで深入りすると、あとあと面倒なことになりそうな気がして

そのまま帰ってきました。

 

片手で数えられるような人数しかいないのに、派閥だの何だのがある職場は

望んでいないのです。

 

スポンサーリンク

 


 

ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

最後まで読んで下さって、ありがとうございました

 

タイトルとURLをコピーしました