手術準備室の自動ドアが壊れた

スポンサーリンク

 

暖房を点けたまま寝たはずなのに、目が覚めたらうっすら寒い午前2時。

設定温度を2℃上げました。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

 


スポンサーリンク

 


 

 

昨日は例によって3時間の残業。

休み明けの身体が、より重く感じられます。

 

いつも通りに掃除をしていると、手術準備室にある自動ドアが

開きっ放しになってしまいました。

とくにおかしな動作をしたり、何か衝撃を与えたりはしていないのに…

 

そこはストレッチャーに乗った患者さんが、手術を受ける直前に待機する

スペースなので、開いたままでは困ります。

 

しかし時間は午前6時過ぎ。

周囲に誰もいません。

多分、一番早い看護師さんでも7時くらいまではここには来ないでしょう。

 

そして別のところの掃除にいかなければいけない時間が

どんどん迫ってきています。

 

どうしようもなくなって、私はその場を放置して掃除だけ済ませると

上の階に行きました。

 

しばらく持ち場を掃除していても、どうしても自動ドアのことが

気になってしまい、集中出来ません。

 

仕事上一番いけないのは、トラブルがあった時に放置すること。

そして、それを上に報告しないこと。

 

そう最初に教わっています。

 

1時間ほど経ってますます心配を募らせた私は、手元の仕事を一旦置いて

地下1階に降りて、手術準備室に入りました。

 

室内に入ると奥の方に、うちとは別の消毒関連の清掃会社の人が

何かの作業をしているのが見えます。

 

「すみません、もう看護師さんかどなたか、みえませんでしたか?

あの、あそこの自動ドア、開きっ放しになっちゃったんですけど…」

 

と、左側を指差すと、件の自動ドアは閉まっていました。

すると、別の清掃会社の人がひと言

 

「ああ、あれなら直しときましたけど」

 

何か、ドアのセンサーが反応しにくくなる時があって、その人は

時々直しているそうです。

どうやって直すのか聞こうと思ったけれど、その人とは初対面だし

仕事の最中のようだったので、聞けませんでした。

 

とりあえず一安心して、持ち場に戻りましたが…

 

ただでさえ階段の上り下りが多い残業の日なのに

地下1階から3階まで、予定外で1往復して、疲れが少し増した1日でした。

 

スポンサーリンク

 


 

ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

『毎日が発見ネット』の体験記コーナーで、連載中。

よろしければ、お手隙の際にでもご覧いただけると幸いです。

我が家が貧乏なのは「猫」のせい? 光熱費すら払えない薄給夫の根拠なき主張/くるぴた
皆様こんにちは、『離活のためのアラフィフ貯金日記』の管理人"くるぴた"です。 ここでは昔、結婚生活中に起こった「おいおい、ちょっと待て」と思うような出来事などを中心に書いていきます。 【前回】洗い物の手順まで指導され... アラフォーの新妻にダメ出ししまくる義母/くるぴた 【最初から読む】某巨大掲示板で知り合った彼と5...

 

最後まで読んで下さって、ありがとうございました

 

タイトルとURLをコピーしました