雑巾を絞る力が無くなる

スポンサーリンク

 

仕事を終えて自宅に辿り着くと、即座に横になります。

身体を横たえていると、持っていた全ての荷物を下ろしたような感じ。

それでも疲労は掛け布団のように、全身を覆ってくるのです。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

 


スポンサーリンク


 

清掃の仕事の掛け持ちは、まだまだ続きます。

体力さえ、もっとあれば…

そう思わない日はありません。

 

病院の方では、前日、先輩同士が揉めたので、どうなるか心配したけれど…

でも昨日は私が知る範囲では、S木さんとT中さんが顔を合わせることがなかったので

ホッとしました。

 

病院の方は仕事を早く終えたら、そのまま帰宅していいことになっています。

掃除の仕事歴が長い2人は、どちらかがピッチを上げて早く仕事を終えたのかも。

 

私はまだまだピッチを上げる前に仕事の手順を覚える段階なので

メモを見てばかりだし、既定の時間をはみ出してばかり。

早めの帰宅など、到底望めないのです。

 

そんな中、疲れが溜まっていたせいか、全身のあちこちにガタが出始めました。

手首を特定の方向に回すと痛んだり、腰に違和感があったり…

 

握力がやたらと低くなって、雑巾も思うように絞れなくなってきています。

雑巾絞りはマンションの方だとそれほどないけれど、病院の方ではかなり多くなります。

 

しかも、水分が残らないように固く絞る工程が多いのです。

他の作業も手が痛んでいると遅くなります。

 

同じ清掃会社の人がみんな帰った中、全ての道具を洗っていると

最後の大物…モップの先2本が残りました。

ラスボスです。

 

モップの毛の束も、2つの房に分けて、雑巾のようにひねって絞ります。

それがまた上手く絞れず、何度も何度もねじるのですが、この辺りまで来ると

握力どころか腕全体に力が入らず、まるでやる気がないような動作になります。

 

これなら先輩方の視線が無い分、一人残ったのは良かったしれないと思いつつ

こんな仕事に慣れる日が本当に来るのか、疑問で仕方が無いのです。

 

スポンサーリンク

 


ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

最後まで読んで下さって、ありがとうございました

 

タイトルとURLをコピーしました