配置転換の恐怖

スポンサーリンク

 

まだ前夜の雪が残る昨日の朝。

ゴミ捨てを終えて、M村さんと休憩室で休んでいたところ

いつもは金曜日にマンションに巡回に来る社員さんが、水曜日なのに来ていました。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

 


スポンサーリンク


 

病院の清掃に行かされるようになってから、社員の人が来ると

つい緊張するというか、ちょっと警戒してしまいます。

挨拶だけして持ち場に着こうとしたところ、その場にいた管理人さんのK山さんが

 

「ああ、くるさん、ちょっと待って。

会社の方から大事な話があるらしいから」

 

と言って引き止めてきました。

この時点で何だか嫌な予感しかしないのですが…

 

社員の人が私に向かって

「配置転換の件で、お話をさせていただきます」

と言われ

(とうとうこの時が来たか…)

と思いました。

 

そのまま休憩室に戻って、K山さんと社員さんの向かい側の椅子に座り、話を聞くことに。

 

「どうしても某病院に人手が集まらないので、くるさんにはそちらの方に

回っていただくことに決まりました。

つきましては、勤務時間なども変更になりますので、その他条件等も説明します」

 

勤務時間は朝5時半から10時半の5時間。

時給は960円。

休日は日曜日+計平日1日。ただし平日は忙しい時には出勤。

今までやって来た午後の3時間は、月に数回出勤。

その場合、昼は自宅に帰っても良い。

 

説明はこんな感じでした。

 

朝、ずいぶん早くないでしょうか…

時給はそれなりに上がりますが、出勤時間の早さを考えると

特別高いというわけでもない気がします。

 

出来れば断りたいけれど、『辞令』です。

断るなら辞めるしかない状況なのだと思われます。

 

でも、動物病院の通院を抱えるこの時期に仕事を失って

社会保険加入可の仕事を探し、新たに転職活動をする気力はありません。

退路は塞がれているのです。

 

「わかりました。よろしくお願いします」

 

そう答えましたが、その時自分がマスクの下でどんな表情をしていたのか

自分でもわかりませんでした。

 

スポンサーリンク

 


ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

最後まで読んで下さって、ありがとうございました

 

タイトルとURLをコピーしました