背中の肉をつかまれた

スポンサーリンク

 

今日も今日とて、いつものように病院の掃除をして帰ってきました。

いつもと違うのは、ある病室の入り口付近を背にして、床をモップで拭いている時

不意に背中の下の方の肉をつかまれたことでしょうか。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

 


スポンサーリンク

 


 

 

(えっ⁉)と思った瞬間、後ろから

「ヒャッ⁉」

と小さく叫ぶ声が聞こえました。

振り返ると、ベテランの看護助手さんです。

 

どこの病院でもそうかもしれませんが、うちの病棟の病室のドアの内側には

短いカーテンが下がっていて、室内が直に見えないようになっています。

 

仕事中は皆忙しいので、助手さんも急いでカーテンを開けようとして

私に気付かず、肉をつかんでしまったようです。

 

互いに笑って済ませましたが、つかめるだけの背肉があるのは笑い事ではありません。

 

ここの仕事に回された当時こそ、食べても食べても体重が減ったけれど…

途中から食欲が異常に出て、ある程度減ったところからピタリと瘦せなくなりました。

 

それでも運動量はそれなりに多いせいか、最近の体型はプロレスラーみたいな感じです。

やや太めなのに、鎖骨に水がたまるようになって、肩から上腕部はムキムキで

実用的な筋肉は付いてるけど、それなりに脂肪もあるという…

 

なんだかタガメ(虫)っぽい感じ。

全身運動をしているはずなのに、何故上半身ばかり筋肉が付くのでしょうか…

 

いや、多分、甘い物を止めて、ご飯の量を減らせばまた体重は減っていくのでしょうが

仕事中にスタミナが切れて、ぶっ倒れそうで、怖くてできません。

 

そんな言い訳をしながら、また冷凍庫からパキシエルを1本出してくるのでした。

 

スポンサーリンク

 


 

ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

最後まで読んで下さって、ありがとうございました

 

タイトルとURLをコピーしました